header

ご相談・お問合わせ

phoneimg

0952-20-1137

安心・快適な暮らしのための
品質へのこだわり。

安全、安心、高性能をお約束するために、設計から引渡しまで、一貫した管理を行っています。

koutei-topIMG

1.建築前

yaji3

地盤確認

地盤調査

yaji1

調査会社による地盤調査を全検実施。

koutei1-1

地盤改良

地盤調査の結果を基に必要に応じて地盤改良を実施。

koutei1-2koutei1-3

2.建築中

yaji3SP
          yaji3

現場確認・・・社内検査

基礎配筋検査

yaji2

鉄筋が設計図通りに配筋されているか検査。

koutei2-1

金物検査

yaji2

接合金属が予定の位置に正しく取り付けられているか検査。

koutei2-1

断熱検査

yaji2

断熱材が正しく配置されているか検査。

koutei2-1

竣工検査

設計図通りに施工されているか検査。

koutei2-1

3.完成

お引き渡し

代金受領と引き換えにお客様へ物件を引き渡し、所有権移転登録の申請手続きを行います。

4.完成後

アフターメンテナンス

サービス点検

期間:引き渡し後、3カ月以降任意訪問によるサービス点検
※(株)アーネストワン社内基準での点検

休日受付

コールセンターによるアフターメンテナンスサービス
平日・休日(9:00~18:00)対応 ※年末年始は除く、作業は平日になります。

安心の物件構造

1.配 筋
haikinhaikin
フラット35の工事仕様書では、立ち上がりの主筋が13mm以上となっておりますが、16mmの鉄筋を採用しています。
2.基 礎
kisokiso
より丈夫な基礎を築く為、建物の荷重を地盤へ伝える「ベタ基礎」工法を採用しています。上部構造に等しい床面積を持つ 基礎スラブで施工します。基礎部分の地面からの立ち上がりを400mm以上とし、幅は150mm確保します。
3.耐 震 金具
kanagukanagu
耐震接合金物を使用すると、建物にかかる応力を有効に伝達するので、安定した強固な構造体となり、安心して暮らせる住まいが実現できます。
4.耐力外壁面材
gaihekigaiheki
ダイライトパネルを外壁下地に耐力面材として用い、地震や災害に強い、高強度な住まいを実現いたします。
5.上 棟
jotojoto
加工ミス防止・省力化の面で優れているプレカット材を構造材(柱、梁など)だけでなく羽柄材(筋かい、間柱など)にも採用しています。
6.耐 震 性
taishintaishin
阪神・淡路大震災に相当する加振(震度7相当)を加え建物の損傷度合いを検証し(H19年6月19日)、耐震性能が十分に存在することを確認致しました。
7.第三者機関による検査
kensakensa
ほとんどの物件は、主にフラット35の適用が可能となっています。(一部対象外もございます。)社内検査のほかに第三者機関によるフラット35の中間検査を実施する事により、図面どおりに施工されているか再確認が行なわれます。
8.人と環境に優しいサイディング
sidingsiding
外観を美しく保ち、雨水で汚れを落とすナノ親水マイクロガード採用。
親水性
日当り面だけでなく、日陰面や夜間、そして季節に関係なく親水性を発揮し、効果が持続します。
防藻・防カビ剤を配合
従来品に比べて塗膜表面での藻・カビの生育を抑制します。
セルフクリーニング機能
ナノ親水マイクロガードは、空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れの元となる物質を水分子膜の上に付着させます。雨が降れば、汚れは雨とともに洗い流されます。

新築戸建情報

最新の土地、建物、外溝の情報はコチラからご確認ください。

不動産サーチネット

佐賀県佐賀市を中心とする不動産業者のネットワークです。不動産業者のご紹介も!

footer